SHOES 2018.01.24

THE VAULT OF PATRICK パトリックの宝箱

blog_store_ec

厳選された素材に独特な色使い、日本生産ならではの丁寧な仕上げを組み合わせることで生まれる高いクオリティ。本物志向のスニーカーフリークやファッショニスタから高い評価を得ているパトリック。
日本市場と密接な関係のブランドだけに、「パトリックは日本のブランドでしょ!?」と思っている人も少なくないですが、実際は日本に上陸して今年で40周年を迎えるフランス発祥のブランド。パトリックの原点を遡るとそこにはフランス屈指のスポーツシューズブランドとしてサッカーを始めとしたコンペティションシーンにおいて確固たるポジションを築いていた時代があります。ここでは、そんなパトリックの栄光の歴史を毎回ひとつのプロダクト(モデル)を通して紹介していきます。

024

第1回 コペンハーゲン

筆者を始めとして現在40代半ば以上の世代にとって、「パトリック=フランス」というイメージが強く、実際、70年代~80年代に雑誌「POPEYE」や「BRUTUS」で頻繁に紹介されたアートイスやディーン、ブロンクスといったファッショナブルなスニーカーには誇らしげに“MADE IN FRANCE”とプリントされていたものでした。この文字を見つけた当時の少年たちはナイキの廉価モデルの2倍以上のプライスを目にしても「アルバイトに精を出して、いつかはパトリックを手に入れてやる!」と強く心に誓ったものです。そんなパトリックですが、フランス製から生産国が日本に変わった後もユーザーからの高い支持はそのまま。それは生産者が器用で細部の仕上げにも手を抜かない日本人だったからに違いありません。話をフランスの話題に戻しますが、先日のパトリックの展示会で非常に気になるモデルを見つけました。

patrick_copen

それはコペンハーゲンというコートシューズでオリジナルはスカッシュをはじめとしたインドアコート用のスポーツシューズでした。スカッシュ(イングランドにおける発音ではスコッシュのほうが近い)は、イギリスを中心に根強い人気を誇る屋内で行われるコートスポーツ。日本に住んでいるとその人気ぶりは感じられませんがフランスのパトリック、ドイツのアディダス、イギリスのリーボックといった欧州各国のスポーツブランドが、最低でも1モデルはスカッシュ用シューズをラインアップに加えていたことからもヨーロッパにおけるこの競技の重要性が理解できると思います。

023

パトリックのコペンハーゲンは1974年のデビュー以来、スカッシュやバドミントンといったインドアスポーツ用シューズのトップモデルとしてその機能性の高さをコンペシーンで見せつけました。他ブランドのスカッシュ用シューズは80年代においてもキャンバスアッパーにガムラバー(飴ゴム)のヘリンボーンアウトソールといった、日本の体育館履きシューズに酷似したベーシックなプロダクトの場合も珍しくなく、それらと比較するとコペンハーゲンの先進性は明らかだったのです。

530120_WHT

パトリックのコペンハーゲンで、真っ先に目を惹くだろうと思われるのが、アッパー方向に巻き上げられたカップソールです。アウトソールのサイド部分、ちょうど小指の付け根あたりが大きく上方に拡大されており、これは明らかに運動時の横方向の動き、業界用語ではラテラルムーブメントといいますが、その際のサイドサポートに加えて、激しくサイド方向に動いてもシューズ内部の足が正しい位置をキープするという役割もあります。

025

アッパーに目を移すと、まず注目されるのはそのカラーリング。ホワイトのアッパーにグリーンとネイビーのブランドストライプが映えます。シンプルでありながら、上品さが感じられて好感が持てますね。さらに表生地とライニングの間に薄いスポンジフォームを挟むことで足が優しく包まれるような独特の履き心地も実現しました。

そんなコペンハーゲンがパトリック日本上陸40周年記念モデルの第1弾として登場します。今回リリースされるのは、軽快な履き心地のローカットモデル「R.COPEN(アール・コペン)」と、足首のサポート性に優れ、足元にボリュームを持たせたいユーザーにピッタリなハイカットモデル「R.COPEN‐H(アール・コペン・ハイ)」の2タイプです。春に向けて明るい色合いのトップスやボトムスを着用する機会が増えると思いますが、両モデルともそんなビビッドなコーディネイトにもマッチするスポーティかつ洗練された雰囲気のスニーカーに仕上がっています。


●R.COPEN(アール・コペン)
1974年フランスで発売されたスカッシュ用シューズ。2006年にも復刻販売されました。
価格:¥12,500(税別)
カラー:ホワイト
サイズ: 35/22.5cm – 45/28.0cm
ONLINESHOPはこちら


●R.COPEN-H (アール・コペン・ハイ)
コペンハーゲンのハイカットモデルとして販売(年度不明)。2009年にレザー仕様が復刻販売されましたが当時の仕様と同様のナイロン素材でのリメイクは今回が初となります。
価格:¥14,500(税別)
カラー:ホワイト
ONLINESHOPはこちら