2022.01.21

マツブログ Vol.5

こんにちは!
PATRICK LABO のマツヒロです。

今年で生誕130周年を迎えるPATRICK。

そんなアニバーサリーな1年の始まりという事で、今回は長い歴史の中で欠かす事のできない名品『LIVERPOOL(リバプール)』にクローズアップしてみました。

730E564B-2251-4807-BA54-AE7D324EB535

ただ、名品について語るとマニアック過ぎる内容になってしまうので、今回はInstagramでも度々やっている「#私のパトリック自慢」と絡めながら私の愛用しているLIVERPOOLをご紹介いたします♪

是非、最後までお付き合いください!笑

A8D070F3-F5C6-4EB4-880B-9001C8065AC6

まずその前に、「LIVERPOOL」とは何ぞや??
という方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明だけ。

500_530501_sub02

今ではスタイリッシュなタウンシューズとして皆様にご愛用頂いているPATRICKのスニーカーですが、元を辿ると、実は “サッカー” がルーツとなっているんです!

サッカー専用シューズの製造にいち早く目を付けたPATRICKは、瞬く間に注目のスポーツブランドとなり、数々の往年の名プレイヤー達がパトリックを着用しました。

※ちなみに、Jリーグ全盛期時には日本人選手にも履いていただいてました!

プラティニ画像c_page-0001

その中でも最も有名なのが “将軍” の異名をとったフランス代表のサッカー選手、ミシェル・プラティニです。そして、そのプラティニがトレーニング用として履いていたスニーカーが『LIVERPOOL』なんです!(かつては「プラティニ トレーナー」と呼ばれていました。)102DD191-92FE-449B-8A53-88E3E413E0F4

なので、僕もそうですが、30半ば〜50代ぐらいのサッカーファンにとっては堪らないモデルなんですよね!

このように、《PATRICK》と《サッカー》はとても密接な関係で結ばれているんです。

 

では、リバプールの歴史が少し分かったところで本題の『私のリバプールコレクション』へ!

実はこれまで、リバプールには様々なモデルが登場しました。
今回は、その中でも私が愛用している4モデルをご紹介いたします!

 

■ LIVERPOOL(リバプール)

D5595C3F-C7DF-47F3-848E-4772DD3E0058

私の記念すべき1足目のリバプールは、2013年まで “定番” として展開していた「LIVERPOOL」です。

しかし、2013年春夏を最後に定番「LIVERPOOL」は廃盤となってしまったんです。
ファンの一人としてとても悲しかったのを覚えています。

それから3年後の2016年、ブランドの原点を見つめ直すプロジェクトとして《PATRICK REBORN PROJECT》が立ち上げられ、そこでフランス製のリバプール「LIVERPOOL TRAINER Fr.」が限定復刻!!

207E9945-D068-40AE-97AB-F4C17F236CB5
フランス製のLIVERPOOL TRAINER Fr.(リバプール トレーナー Fr.)

 

本当は2016年のプロジェクト立ち上げ時に出たフランス製のLIVERPOOLも欲しかったのですが、
迷っているうちに完売となり買いそびれてしまいました。。。泣

DSC03667

でも、この日本製のLIVERPOOLも独特の風合いが出てきて気に入っています♪
少し肉厚なレザーが個人的には堪んないですね!

愛着を持ってよく磨いているので、我ながら良い輝きをしています。

B8B098DE-65E9-4A01-8370-92671C7BA5BB

2D4336C6-C941-4A59-B69D-AF9993BA12B6

シューズの雰囲気に合わせてクラシックなスタイルの時によく履いてますね!

 

 

■ Le-LIVERPOOL(ルバロン・リバプール)

2D3625D5-BFC2-4BC5-8DFB-21CB1CD797CC

パリのファッション業界の人々が集まり設立された「Le Ballon FC」とのコラボモデルで、2017年に東京で開催されたワンデーフットボールイベントに合わせて発売された一足。

(※こちらは既に完売しております)

EFFA8B39-198D-447D-AED5-799832047088

5D1225F4-04A5-4C0A-9852-1B90FDF30AAD

220C5682-BD19-4480-A797-F092AE9F397A

黒と白のモノトーンカラーを纏ったオシャレなLIVERPOOL。さすがパリのオシャレ集団!!随所にルバロンの拘りも感じ取れてサイコーです!!

178A023B-9DD4-403A-9E38-D845BAA3AC48

久しくサッカー観戦も行っていないので、今年はこの観戦コーデで久々に行きたいと思います!
(今はシーズンオフですが、気分だけでも味わうためにスタジアムまで撮影に!笑)

 

■ LIVER-MULE(リバプール・ミュール)

DSC03576

LIVER-MULE(リバプール・ミュール)
BLK
15,400円(税込)
ONLINE SHOPはこちら

これは衝撃的な出会いでした!

「やっぱりリバプールは紐タイプでしょ!邪道だ!!」

そんな風に思っていたのですが、履いてすぐに気持ちが変わりました。

DSC03577

やっぱり「つっかけ」はメチャクチャ履きやすい♪
サッと気軽に履けるので、コンビニなどの近所にはついつい履いて行っちゃいますね。

もっとリアルな話をすると、ゴミ捨てに行く時はサイコーに便利です!笑

00CFC99D-D4FD-4CF7-B6B6-E832B0442F7F

DSC03581

DSC03579

織ネームや踵のロゴなど従来のLIVERPOOLが忠実に表現されていて、LIVERPOOLファンにとってはポイントの高い仕上がりに!

サイズによっては完売してますが、まだONLINE SHOPにも在庫残ってますので、是非この機会に検討してみてください。オススメです!!

 

■ LIVER-TR(リバプール・トレーナー)

6B40EB02-32A4-413B-956A-1E1CAE8B608E

57A624CF-E5EB-4F3B-824F-A7C3EFCB5DEA

昨年12月に発売されたばかりの最新の「LIVER-TR」
限定だったこともあり、瞬く間に完売してしまったモデルです。

74753BE8-AB0B-433B-A2ED-E20F22BA61BC

こちらはこれまでのリバプールとは違い、ソールは90年代のサッカートレーニング用シューズがデザインとなった一足。

C7F8CBC4-8B31-4755-953B-B9F216671398

90年代のサッカーシューズというのが、上記の「ラウドルップ プロ」。
サッカー通ならご存知だと思いますが、あのデンマーク代表のラウドルップ兄弟が履いていたモデルです!

73B0F20E-158C-45B5-90BB-9534A2293D8F

6738172B-9137-468B-AB9D-4882E9A57AAD

このLIVER-TRは、ソールとの関係性もあって、足首からつま先までが長く(通称:ロングノーズ)、従来のLIVERPOOLよりスッキリしているのが特徴です。

要するに、スラっとした男前タイプという事です!笑

7ABE38CA-CBE2-4AD6-B967-60D03C6DC090

これもいい感じで皺が入ってきました♪
リバプールシリーズは、やっぱり皺があってこそのシューズですね!

62C49B5C-5E33-4352-A879-F88B8585A8B7

LIVERPOOLは、黒以外にも白だったり、黄色、緑と様々なカラーを展開してきました。
でも、僕はやっぱり黒を選んじゃいますね!

今では色んなカラーのサッカーシューズが出ていますが、昔は『黒一択』でしたからね!
おそらく、その名残でしょうね!笑

 

AD8D4635-3EBC-4743-8277-984920339987

皆さんいかがでしたでしょうか?

今回は《PATRICK》と《サッカー》の密接な関係性を知ってもらいつつ、私の拘りを紹介させていただきました!

今年は「生誕130周年」を記念した限定モデルも発売予定ですので、そちらも是非お楽しみに♪
では、また次回もよろしくお願いします!

 

インスタグラム
https://www.instagram.com/labo_matsu/

WEAR(コーディネート集)
https://wear.jp/lb_matsu/

2022.01.21
  • メールアイコン
  • フェイスブックアイコン
  • ツイッターアイコン
  • ピンタレストアイコン